冷え性対策

冷え性はみんなが同じではなくタイプがある、辛い冷え性を解消!

女性に多い、冷え症。その症状は、手や足が冷たかったり、おなかがいつも冷たかったりと若い頃から長年冷え性で悩んでいると言う女性も多いかと思います。

 

私もその一人なんですが、その冷え性について夕方から放送しているフジテレビの報道番組「みんなのニュース」の中の医療企画で特集をしていました。

 

番組では、日本で初めて冷え性専門の外来を開設した、北里大学東洋医学総合研究所の伊藤剛副センター長のもとに冷え性対策を聞きにむかいました。

 

みなさん、冷え性ってみんな同じだと思っていませんか?

 

伊藤先生の話によると、冷え性はみんな同じはなくタイプがあるそうです。それによって対策も変わってくるそうです。

 

冷え性とは、本人がとてもつらいと認識をもっているが冷え性なんだそうですが、まずは、自分がどういうタイプの冷え性か知ることが一番重要になるそうです。

 

現在、冷え性は大きく4つのタイプに分けられるそうです。

 

【冷え性の4つのタイプ】

  • 最も多いとされている腰から足先まで冷える「下半身型」
  • 手や足が冷える「四肢末端型(ししまったんがた)」このタイプは若い女性に多いとされています。
  • 内臓が冷えてしまう内臓型
  • 全身に冷えを感じる全身型

その中でも、内臓型や全身型の冷え性の場合は別の病気がある可能性もあるので長い期間冷え性で悩んでいる人は専門医に診てもらう事が大切なんだそうです。

 

そのタイプですが、北里大学東洋医学総合研究所では、どの冷え性のタイプか調べる時には医療用のサーモカメラで体の表面温度を測定します。すると、全身の体温のどこが高くて、どこが低いのかがわかります。

 

次に、特殊な体温計で全身の箇所の実際の温度を測定します。体温が31℃以下は冷え性だとされています。体温が31℃以下の箇所がどこかによって、その人の冷え性のタイプがわかります。

 

例えば、四肢末端型冷え性の場合は、手足まで熱が行きわたらないので、カロリーと運動が不足している事が多いそうです。

 

対策は、食事をきちんと食べて、カラダを動かす運動を心がけて体温を上げるようにしましょう。また、シャワーは表面だけが温かくなるだけで、体全体が温まらないので血液の循環が中々良くならないそうです。湯船にしっかり浸かるのが良いそうです。

 

下半身型冷え性の場合の対策は、身体を単純に温めてもあまり効果がないそうです。腰やお尻の指圧やストレッチなど骨盤を開く運動を行うと有効なんだそうです。

 

 

また、寒暖差が激しい3月や4月の季節は体が順応しないので体調のバランスを崩しやすくなるので注意が必要。身体を温める対策をしっかり行いましょう。

 

当サイトでは冷え症の原因や対策を紹介しています。
冷え性を改善することで、便秘が解消せれたり、お肌の調子がよくなったり、また、痩せやすくなったりと、体の良い変化を実感される方もおおいです。あきらめないで、辛い冷え性から解消されましょう!